IntelはCeleronブランドを殺していないが、

先週、噂が流行した後、IntelはすぐにCeleronを殺していないことを確認している。しかしそれはすべきです。

Celeronはインテルの低コスト・プロセッサー製品ですが、第3四半期にデュアルコアAtom Nをリリースする準備が整っており、Celeronと同等の価格と性能を備えているため、2つの製品ラインを競争するリスクがあります。

しかし、IntelはCeleronの2011年の崩壊の噂をすぐに却下した

Celeronブランドは、1998年4月に最初の266MHzの「Covington」デスクトッププロセッサ(基本的にはセカンダリキャッシュを持たないPentium IIの部分)を搭載し、1999年1月に300MHzの「Mendocino」ノートブックを搭載していました。

Celeronのブランディングを取り除くことは、私には非常に意味があります。 Celeronのラインナップは現在、3つのデュアルコアデスクトップCPUと9つのモバイルCPUで構成されています。そのミックスにAtomを追加するだけで、混乱のレシピのように思える。インテルが予算ラインに関連しているので、インテルがラインを握っていると推測しています。そして、インテルとOEMの両方がそれを利用することができます。

インテルはMovidiusを立ち上げ、将来のコンピュータビジョン、VR tech

インテル、4K UHDを大衆に押しつける第7世代プロセッサを発表

Intel、PC、データセンター、インターネットのための新しい3D NAND SSDを提供

Intel、IntelはMovidiusを買収し、将来のコンピュータビジョン、VRテクノロジー、プロセッサーを開発する; Intelは4K UHDを普及させる第7世代プロセッサーを発売;ストレージ; PC、データセンター、インターネットのための新しい3D NAND SSDを提供;エンタープライズ・テクノロジーの巨人の中では、実用的なイノベーションが引き継ぐ

企業の大手企業のうち、実用的な技術革新が引き継ぐ