IBM DB2 9レビュー

DB2 9(以前はコードネーム「Viper」)がリリースされて以来、IBMはついに開発者に興奮を呼び起こしました。今回のリリースでは、IBMはネイティブXMLサポート、最新の開発ツールのセット、管理、セキュリティ、メモリー管理の充分な機能拡張を提供し、最も苦労しているDBAでさえもう一度見せてくれます。今回のレビューでは、DB2 9の新機能のいくつかを、開発者の視点から、このリリースで提供されているツールから始めて検討します。

更新された開発者ツール:以前にDB2を使用していた場合、以前のバージョンで提供されていた開発者ツールと管理ツールが好きだったり、嫌いだったりします。献身者は、ツールがまだすべて存在し、このリリース用に更新されていることを知ってうれしいです。引き続きコントロールセンターを使用してデータベースを管理することができ、必要に応じてコマンドラインを起動してコールできます。

しかし、以前にDB2で提供されていたツールに感心していない場合は、新しいDB2 Developer Workbench(DWB)を見直す必要があります。 DWBはEclipseフレームワークに基づいており、XML問合せ、SQLスクリプト、ストアド・プロシージャ、XMLスキーマ・ドキュメントおよびユーザー定義問合せを作成できる環境を提供します。

開発者と管理者は、DWBを使用して、使い慣れた環境内でほとんどのデータベースオブジェクトを作成して操作するために使用できるプロジェクトを作成できます。最初にDWBを入力すると、データベース、XMLスキーマなどを設計するための新しいプロジェクトを作成するために使用できる「データ」パースペクティブになります。作成したプロジェクトはすべてデータプロジェクトエクスプローラに表示されます。

データプロジェクトエクスプローラウィンドウでは、データベースの物理モデル、論理モデル、ドメインモデル、用語集モデル、物理データベース自体を作成するために使用されるDDL文など、さまざまなデータベースモデルを作成できます。

また、データベースに接続し、含まれているオブジェクトをブラウズするために使用できるデータベースエクスプローラウィンドウもあります。エクスプローラからデータベースの内容をフィルタリングしたり、エクスプローラメニューからSQLエディタを直接呼び出すことができます。

また、DWBはEclipse上に構築されているため、タスク、問題、エラーなどをワークベンチ内から直接追跡する機能と、問合せ用の多数のウィザードが含まれていますXQueryとSQLを使用してデータを作成し、新しいストアドプロシージャ、ユーザー定義関数などを作成します。

ワークベンチもCVSと緊密に統合されているため、チーム環境での作業が容易になり、ソース管理のために必要なサポートが提供されます。 Eclipseフレームワークを活用することは、IBMにとって賢明な動きでした。Eclipse環境に精通している開発者は、自宅にいるように感じるはずです。

DB2を.NETアプリケーションに統合する必要がある開発者には、このリリースに含まれる更新されたDB2データ・プロバイダーと、Visual Studio.NET設計環境用のアドインもあります。

サーバーの拡張機能:このリリースでは、DB2には、リレーショナル・データ用とXML用の2つの異なる処理エンジンが組み込まれています。 IBMはこの技術に「PureXML」というラベルを付け、XMLをデータベースに直接格納するため、開発者はSQLまたはXQueryを使用してデータにアクセスできます。これは、XMLを集中的に使用するアプリケーションに大きな影響を与え、開発時間を短縮します。

IBMは、レンジまたは表のパーティショニング、ハッシュおよび多次元のクラスタリングをサポートして、データベース・パーティショニングの追加サポートも導入しました。経験豊富なデータベース開発者にとって、これらのパーティション化オプションは、異なるサーバー間でデータを格納する際の柔軟性を高め、パーティションやその他の方法で更新やバックアップを管理します。パーティショニングの改善に加えて、DB2 9はデータ・ストレージ用にも最適化されており、新しいテクノロジーにより必要なディスク容量を45〜69%削減できると主張しています。これにより、追加のディスク領域が必要なくなり、使用される圧縮アルゴリズムによって、プロセス内のデータが失われないようになります。

管理サイトでは、DB2 9には、サーバー使用パターンに基づいて最適な構成を自動的に判別できる自己チューニング・メモリー設定も含まれています。メモリチューナーは、各サーバーのパフォーマンスを向上させるだけでなく、データベース管理者が過去に行った手動調整のいくつかを削除する必要があります。

また、リカバリー操作の再開、リダイレクトされたリストア、および表スペース・バックアップ・イメージからのデータベース再構築を含む、日々の管理を目的とした新機能もあります。管理者は、テーブルを削除して再作成することなくテーブル属性を変更することができますが、新しいテンプレートではデータベースとモデルのスキーマを簡単にコピーできます。これは、本番データベーススキーマをとり、テスト、移行などのために複数のコピーを作成する必要がある場合に特に便利です。

セキュリティ面からは、DB2 9には「ラベル・ベースのアクセス制御」が含まれており、管理者はセキュリティー・アクセスを制御するために使用できるデータ行にラベルを作成できます。また、データベースへのラウンドトリップを削減してセキュリティ資格情報を確認するためのセキュリティ強化機能もいくつか用意されています。

DB2の優れた機能の1つは、32ビットと64ビットの両方の実装でWindows、Linux、AIXを含む幅広いプラットフォームをサポートしていることです。エクスプレス、ワークグループ、エンタープライズを含む4種類のバージョンのDB2 9が出荷されており、料金は異なります(IBM Australiaは、Express Editionのユーザーあたり約275オーストラリアドルです)。 DB2 9の4番目のバージョンは「Express-C」エディションです。このエディションは無料で、データベースとサーバーを再配布する機能を備えています。

Express-C版は、DB2上で独自のアプリケーションを開発し、最終的にそれらを他のユーザーに配布する場合や、アップグレードする前に新しいバージョンの速度を上げようとしている場合には理にかなっています。

要約; DB2 9は、データベース開発のバーを大幅に引き上げました。純粋なXMLソリューションとExpress-Cエディションの導入により、DB2はXMLベースのアプリケーションを作成して配布する開発者の間で競争が激しくなります。既存のDB2ユーザーにとって、管理機能の拡張により、それは魅力的なアップグレードになる可能性があります。

さらに、誰が素早く新しいDeveloper Workbenchを無視することができますか? DWBを使用することで、IBMは過去に開発が容易なプラットフォームのためにDB2を過ぎて見た可能性のある開発者から何らかの根拠を取り戻すことができます。

DB2は、OracleとMicrosoftの最新のデータベース・サーバーのリリースに対抗すると、依然として堅実な競争相手であり、両方のプラットフォームで一歩先を行くことができます。 DB2 9のXML機能は、IBMの方法でより多くのライセンスを確実に振り向けることができます。また、XMLとSOAベースのアプリケーションに重点を置いた世界では、うまくいく可能性があります。

IBM DB2 9;会社名:IBM Australia;価格:Express Editionはユーザーあたり275オーストラリアドル

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン