IBM、クラウドの動的ネットワーク帯域幅特許を獲得

IBMは、クラウド・コンピューティング環境でネットワーク帯域幅を動的に管理する特許を取得しました。 IBMの発明は、その発明がクラウドコンピューティングのパフォーマンスを最適化できるということです。

米国特許第8,352,953号は、使用可能なネットワーク帯域幅に基づいてユーザがクラウドシステムにアクセスする最良の方法を自動的に決定する方法に関するものである。

IBMは、システムが帯域幅を使用してシステム・ノードに作業を再割り当てできるため、このアプローチでは、クラウドがトラフィックのサージをよりうまく処理できるようにすべきだと述べています。通常、クラウドユーザーは仮想マシンへのアクセス権を持ち、ネットワーク帯域幅が重要になるほど、より多くの人がシステムにアクセスします。

Big Blueによれば、そのアプローチは、帯域幅を自動化し、動的に管理するソフトウェア定義のネットワークとそれに伴うインフラストラクチャを実現する道を開くはずです。

メソッドの仕組みを説明している特許出願のチャートです。

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大