Hyper-Vレビュー

Microsoftは、6月26日にHyper-Vハイパーバイザーの最初の製品バージョンをリリースした。 Hyper-Vは、Windows Server 2008バンドルの一部として提供され、単一のサーバーハードウェアで複数のオペレーティングシステムを実行できます。ほとんどの人は同じサーバー上でいくつかのバージョンのWindowsを実行するためにこれを使用しますが、Linuxソフトウェアをホストするために使用することもできますし、x86互換のCPUで動作するその他のものを使用することもできます。ただし、既存のサーバーを仮想マシン(VM)として実行したり、他のベンダーの製品からVMをインポートしたりする場合は、追加のソフトウェアを購入する必要があります。

Intel Core 2 Quad Q6600 CPUを2.4GHzで動作させ、3GBのRAMを搭載したワークステーションで動作するHyper-Vをテストしました。このソフトウェアはセットアップと使用が簡単で、WindowsとLinuxの両方のソフトウェアをホストしていました。

言いますが、Hyper-VはWindows Server 2008と密接に結びついており、Windows Server 2008なしではインストールできません。これは、Hyper-VがWindowsでサポートされているすべてのネットワークカード(NIC)、SCSIコントローラ、およびファイバチャネルHBAで動作することを意味します。また、ソフトウェアアップデートの適用後に再起動が必要な場合は、すべてのVMを一時的に停止する必要があります。

また、Hyper-Vには、x64 CPUとインテルVTまたはAMD-Vハードウェア仮想化のサポートが必要です。これは、現在の市場をリードするハイパーバイザーであるVMwareのESX Serverとは対照的です。これは、ほぼすべてのx86アーキテクチャCPUで動作し、パッチや再起動はほとんど必要ありません。ただし、ESX ServerにはNICやその他のI / Oカード用の特別なドライバが必要です。したがって、より小さいサーバーハードウェアセットと互換性があります。

完全インストールオプションを使用して、空の100 GBパーティションにWindows Server 2008 Enterprise Edition x64をインストールして、Hyper-Vをテストしました。マイクロソフトでは、Server Core版を今年後半にリリースする予定だという。これは、完全なWindows Server 2008 GUIのメモリとディスクのオーバーヘッドなしでHyper-Vシステムを構築するために使用でき、ライセンスを取得するには約28ドル(15ポンド)のコストがかかります。ただし、完全なWindows Server 2008システムを使用してネットワーク接続を介してリモート管理する必要があるため、実際のコストは無視できません。複数のHyper-Vシステムを実行している組織では、System Center Virtual Machine Manager 2008も購入する可能性があります。現在、Hyper-Vはサポートされていませんが、今年はこの機能が追加される予定です。

Windows Server 2008の新規インストールが完了したら、すべての着信接続をブロックするようにWindowsファイアウォールを構成しました。これは、Windowsサーバーがサーバーを保護するためのファイアウォールを持たない単純なADSLモデム経由でインターネットに直接接続されるため、特に重要でした。

次に、サーバをADSLモデムに接続し、Windows初期設定タスクアプレットの自動更新機能を使用して、システムに最新のパッチを適用しました。これにより、Windows Server 2008のインストールDVDに収録されているプレリリース版のHyper-Vが、本番システムでの使用が認定された完成版に置き換えられました。このプロセスを完了するために再起動が1回必要でした。

これらの手順が完了したら、役割の追加ウィザードを使用してHyper-Vを実行するサーバーをインストールおよび構成する準備が整いました。ウィザードは、VMによって使用される外部仮想ネットワークを作成するために使用されるNICを尋ねました。 Hyper-Vを実行するために使用される多くのシステムと同様に、ラボシステムにはNICが1つしかインストールされていないため、VMで使用するために選択することはほとんどありませんでした。

ウィザードはまた、少なくとも1つのNICをサーバーへのリモートアクセス用に予約することを推奨しました。これは、ウィザードがこのリモートアクセスNICがVMによって使用できないと言ったので、不注意に少し戸惑うかもしれません。われわれは明らかにリモートアクセスNICなしで進めるしかなかった。これらの構成オプションを使用して、2分以内に完了したHyper-Vインストールを進めました。 2回の再起動が必要でした.Windows Serverのデスクトップにログインしたときに、初期設定タスクのアプレットのリンクを使用して更新履歴を確認し、システムでHyper-Vの運用バージョンが稼働していることを確認しました。

Windows Server 2008のServer Managerアプレットには3つのペインのインターフェイスがあり、左側に階層、右側に詳細、右側にアクションが表示されます。

この段階で、Server Manager(SM)アプレットの新しいHyper-Vオプションが表示されます。このオプションを使用すると、ローカルまたはネットワーク接続経由​​で他のサーバー上で実行されているHyper-Vセットアップを管理できます。 Windows Server 2008バージョンのSMには、3パネルのユーザーインターフェイスがあり、左パネルにはサーバー上で実行されている役割と機能の階層表示があり、中央パネルには選択した項目の詳細が表示されます。右側の[アクション]パネルには、関連する機能へのリンクがあります。左側のパネルのHyper-Vマネージャオプションをダブルクリックすると階層が拡張され、ローカルサーバー上で実行されているHyper-Vを選択できます。

VMを追加する前に、基本的なHyper-V構成にいくつかの変更を加える必要がありました。たとえば、右側の[アクション]パネルを使用して仮想ネットワークマネージャを起動し、物理NICと「外部」仮想ネットワークアダプタの横に追加のNICとしてWindowsデバイスマネージャに表示された「内部」仮想ネットワークを追加しますHyper-Vのインストール時に作成しました。内部仮想ネットワークは、VMとホストサーバーで使用できます。私たちはまた、私たちのサーバー上で稼働しているVMだけが使うことができる「プライベート」仮想ネットワークを作成することもできます。

インストール時に作成された「内部」仮想ネットワークと「外部」仮想ネットワークの違いを説明するために、WindowsファイアウォールをLinuxベースの代替品に置き換えるVMを作成しました。

新しい仮想マシンウィザードでは、ISOイメージ(この場合はIPCop)からOSをインストールするようにVMを設定できます。

SMアクションパネルのNewオプションを使用して、新しい仮想マシンウィザードを起動しました。このウィザードはVMを作成し、いくつかの設定オプションを提供しました。たとえば、ウィザードでは、IPCop用のインストールCDのISOイメージからオペレーティングシステムをインストールするようにVMを構成できます。ウィザードでは、VMをレガシーNICで構成することはできませんでした。そのため、NICなしでVMを作成し、アクションパネルを使用して設定を編集して、内部VMネットワークに接続された2つのレガシーNICと、 VMネットワーク。レガシーNICは一般的なDEC NICをエミュレートし、このカード用のドライバを搭載したオペレーティングシステムだけで使用できます。 「啓蒙された」オペレーティングシステムは、そのOSに適した「ドライバ」があれば、より効率的な非レガシーまたは啓発モードのNICを使用できます。現在、MicrosoftはWindows Vista、Windows Server 2008およびWindows Server 2003用のドライバを提供しています。これらのドライバは、Integration Services Suiteの一部として提供されています。これらのドライバは、VM OSのインストール後にVMに個別にインストールする必要があります。

IPCop Linuxベースのファイアウォールを新しい仮想マシンにインストールする。

VMを作成したら、中央のSMパネルで右クリックしてドロップダウンメニューを表示し、[接続…]オプションをクリックします。これにより、VM上にウィンドウが開き、開始、停止、一時停止、および画面表示を行うコントロールボタンが完成しました。 Startボタンを使用してこのVMを起動し、IPCopインストールソフトウェアをロードしたときの画面表示を監視しました。

サーバーの物理NICからTCP / IP v4およびv6バインディングを解除すると、Windows Server 2008にアクセスできなくなり、ブロードバンドモデムがパブリックIPアドレスをDHCP経由でLinuxファイアウォールVMに割り当てることができます。

IPCopのインストール中に、静的なクラスCアドレスを「内部」VM NICに割り当てました。これはファイアウォールのLANアドレスになります。 DHCPを使用して他のVM NICがそのアドレスを取得するように設定しました。このNICは外部仮想ネットワークに接続されていましたが、この仮想ネットワークはブロードバンドモデムに接続されていました。ブロードバンドモデムは、DHCPを使用してパブリックIPアドレスをファイアウォールに割り当てます。しかし、これが確実に行われるためには、Windowsコントロールパネルを使用してNICからTCP / IP v4およびv6バインディングを削除(アンティッキング)することで、Windows Server 2008システムが物理NICを使用しないようにする必要もありました。最後に、LinuxファイアウォールをDHCPサーバとして設定し、内部ネットワークに接続されたコンピュータにLAN IPアドレスを提供しました。

最終的な結果は、内部仮想ネットワークを使用し、DHCPを使用するように設定されていれば、ホストIPとそのVMのいずれにもLAN IPアドレスを提供するLinuxファイアウォールソフトウェアを実行しているVMでした。ホストサーバーとそのVMは、Linuxファイアウォールを介してインターネットに接続します。 「内部」ネットワークの代わりに「プライベート」ネットワークを使用した場合、LANとホストからのネットワークトラフィックからLinuxファイアウォールソフトウェアを実行しているVMによって保護された非常に安全なDMZ内で、サーバ。この構成では、LANにアクセスできるように、2番目のNICをホストサーバーに取り付ける必要がありました。

私たちのテストでは、Windows Control Panelは、実行していたVMのCPUとRAMの要件にかかわらず、4つのCPUと3GBのRAMを搭載しています。これは、Hyper-VではなくWindows Server 2008が仮想マシンで使用されるハードウェアを管理していたことを示しています。これは、サーバーハードウェアがCPU 4個とRAM 3GBなどで構成可能であっても、Linuxベースのコンソールオペレーティングシステムが通常1 CPUと約512MBのRAMを報告するVMware ESX Serverとは対照的です。 ESX Serverでは、コンソールオペレーティングシステムではなくVMwareハイパーバイザが、VMによって使用されるCPUとRAMを明確に管理しています。 Hyper-Vアーキテクチャでは、すべてのVMで使用されるVMBusなどの仮想化ソフトウェアのスタックが、親のWindows Server 2008パーティションにも実行されます。これは、親パーティションがクラッシュしたり、使用できなくなったりすると、サーバー上のすべてのVMに重大な影響を与える可能性があることを意味します。

これをテストするには、タスクマネージャでホストサーバーが「リアルタイム」プロセス優先度に設定されたメモリベンチマークを実行するようにします。このテストでは、Vista VMがInternet Explorerを起動してGoogleを起動するのに32.1秒以上かかりましたが、サーバーがそのようなワークロードを実行していない場合は2.5秒でした。ここでも、これは、コンソールオペレーティングシステムの問題がハイパーバイザーによってホストされているすべてのVMに影響を及ぼす可能性が低いVMwareアーキテクチャとは対照的です。私たちのテスト結果は、ホストWindows Server 2008環境で最低限のソフトウェアを実行することを推奨しています。

クアッドコアワークステーションのテストでは、Hyper-Vが4つの仮想プロセッサをVMに割り当てることができました。また、Hyper-Vのこの最初のバージョンでは、VMがUSBデバイスを利用できるようにはなっていません。また、WindowsのWindows GUIからWindowsを実行しているVMのデスクトップにファイルをドラッグアンドドロップすることもできませんでした。ただし、Hyper-Vは、ホストサーバーの起動時またはシャットダウン時にVMを自動的に一時停止および再開します。これらのすべては、VMware ESX Serverから期待されるものと一致しています。しかし、VMwareのデスクトップ仮想化製品であるWorkstation 6は、VMがUSBデバイスを使用できるようにし、ファイルをホストPCのデスクトップからドラッグして、Windowsを実行するVMのデスクトップにドロップすることを可能にします。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン