Huawei、SAPがInternet of Things開発に取り組む

中国の通信大手Huaweiは、ドイツのソフトウェア会社SAPと協力して、新生物のインターネット(IoT)のための新しい技術を開発する契約を締結した。

両社は、Huaweiが拠点を置く深センとIoTの研究のためにSAPの本拠地であるドイツのWalldorfに「共同イノベーションの取り組み」を設立すると述べた。

Huaweiのチーフ・ストラテジー・オフィサー、ウィリアム・シュウは、これらの企業は「中国と欧州の協力のモデル」を開発しようとしていると述べた。両社は2012年以来、Huawei社のハードウェア上で稼動するSAPのHANAインメモリ技術の導入を含むプロジェクトに協力してきました。

同社は、延長契約の一環として、中国および欧州のメンテナンスおよび警備サービス業界の顧客を含む顧客向けのパッケージ製品の開発に注力すると述べた。 Huaweiのクラウドデータとエンタープライズネットワーキング製品をSAPのBusiness Suite 4、HANA、およびクラウドアプリケーションと統合する予定です。

この契約は、今年中国を成長国から利益を得たいと望んでいる欧州企業や、より多くを売りたい中国企業の関心が高まっていることを反映して、今年は中国を「カントリーパートナー」とするハノーバーのCeBIT技術ショーで発表されたヨーロッパ。

今これを読んで

デジタル変換の会話は、

物事やハードウェアのハッキングのインターネットで始めるための10個のキット

GPSなしで飛ぶことができるスマートドローン:写真

科学者がビッグバンに近づくのを助けるコンピュータ

メルセデスは中国との緊密な技術提携、技術のディズニーランド:CeBITが30年近くにわたって人々を引きつけ続けてきたこと、BlackBerryの新しいタブレット:サムスンとIBMの助けを借りてビジネスのための安全なスレート

CXO;デジタル変換の会話が、CEBIT、あなたがインターネットでやり始めた10個のキット、CEBIT、GPSなしで飛ぶことができるスマートドローン:写真、ハードウェア、科学者が手助けするコンピュータビッグバンに近い