HPスピンオフ、自律購入?

HPはオートノミーを100億ドルで買収する予定で、PC事業を分社化する計画を発表した。

ブルームバーグによると、HPはこれらの計画を早ければ早ければ発表するかもしれない。少なくとも、今年後半に四半期決算を発表する際、HPはこの問題に対処する必要があります。

そのような動きが続くならば、HPは会社のプロフィールを劇的に変え、長年のライバルのIBMとよく似ています。

IBMはPC事業、つまりLenovoとなった企業を撤退させ、Lexmarkとなったプリンタなどの低収益企業を捨てた。その変革の最中、IBMはソフトウェアとサービスを2倍にしました。これらの企業はより良いマージンプロファイルを持ち、世界的な経済変動に対してより弾力性があります。

HPのPC事業を撤退する動きは、確かに会社の厳しい時期になるだろう。コンシューマーPCの需要は遅れていますが、企業のアップグレードサイクルは堅調です。

以前のHPのCEO、マーク・ハード氏は、同社はPCを含む完全な一連の製品を販売する必要があると主張していた。現在の最高経営責任者(CEO)のレオ・アポテカー(Leo Apotheker)は明らかに異なっています。

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

HPEは、非コアのソフトウェア資産をMicro Focusに88億ドルで売却する

HPE、ソフトウェアポートフォリオを売却する協議

HPEがVerticaをアップデートし、Haven OnDemandの機械学習機能を強化

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPEはLinuxディストリビューション、Linuxはエンタープライズソフトウェア、HPEは非コアのソフトウェア資産をマイクロフォーカスに88億ドルで提供、エンタープライズソフトウェア、ソフトウェアポートフォリオを売却するHPE、エンタープライズソフトウェア、HPEアップデートVertica、マシン学習機能を強化ヘブンオンデマンドで