Googleは常にGmailの暗号化されたHTTPS接続を約束しています

暗号化は、今週の単語です。

Mac OS Xの最新バージョンにアップデートしたMacの所有者は、重複ファイル、メッセージの欠落、ルールやラベルの欠落など、Gmailアカウントの問題を報告しています。

Googleは世界中のユーザーに新たな約束をしている。インターネットの巨人がセキュリティとプライバシーの問題を議題の最上位に抱いていることを安心させるためである。

今日から、ユーザーがメールを確認または送信するときは、常に暗号化されたHTTPセキュリティ(HTTPS)接続が使用されます。

この人気のあるメールサービスの最新のセキュリティ機能は、GoogleがHTTPSをデフォルトの接続オプションにした2010年の同様の動きに続きます。

Gmailのセキュリティエンジニアリングチームを率いているNicolas Lidzborskiは木曜日のブログ記事で、この動きは「あなたがGmailを使用しているかどうかにかかわらず、あなたとGmailのサーバーを行き来するメッセージは誰も聞くことができません」あなたのコンピュータ、電話、またはタブレットからログインすることができます。

翻訳:NSAは秘密のデジタル通信を “聞く”ことができないはずです。少なくともNSAの秘密で今論議を呼んでいるPRISMデータの秘密のパイプラインの1つに挙げられていたGoogleのサーバー鉱業プログラム。

Googleは、他の技術大手の中でも、計画の出典として注目されており、遵守を繰り返し拒否し、また、これらの行為について連邦政府に嫌がらせをしている。

しかし、LidzborskiはGmailのパフォーマンスに重点を置いて、これ以上のことを暗示していませんでした。

さらに、送信または受信するすべての電子メールメッセージ(100%)は、内部的に移動中に暗号化されます。これにより、メッセージがあなたとGmailのサーバー間を移動するときだけでなく、Googleのデータセンター間を移動するときにもメッセージが確実に保護されます。これは、昨年の夏の発表後に最重要課題でした。

同氏は、Gmailは2013年には99.978%の利用率を達成しており、平均して年間1時間に2時間以内にユーザーを混乱させることになったと付け加えた。

しかし、Gmailの2014年は、1月に世界中でユーザーに1時間以上影響を及ぼした、広く報告されている(少なくともTwitterでの)1月の停電と、最高のスタートを切りました。

今週初めにGoogle Talk and Sheetsが発表したように、カリフォルニア州マウンテンビューの企業は、通常、これらのダウンタイムの原因についてコメントしておらず、Google Appsステータスダッシュボードを参照して更なるアップデートを行っている。

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

Gmail – OS X Mavericks

米連邦捜査局(FBI)はCrackasのメンバーを逮捕し、米国政府の役人をハッキングした姿勢を示している;セキュリティ、Wordpressはユーザーに重大なセキュリティホールを修正するように今更新するよう強く促す;セキュリティ、ホワイトハウスは連邦最高情報セキュリティ責任者政府の監視による緊急対応

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命

国防総省のサイバー緊急対応を批判したペンタゴン