G-Cloud iiiはIDサービス、BPOなどを追加

3つ目のG-Cloudフレームワークは、4つの新しいサプライヤカテゴリと調達限度の拡大により発表されました。パブリッククラウドサービスが開始されてから1年も経たずになりました。

G-Cloudは、公共部門のITを安価で柔軟にするため、政府のIT部門間でクラウドソフトウェアとサービスの使用を促進する政府の取り組みです。パブリックセクターのITバイヤーがクラウドサービスを購入できるオンライン市場であるCloudStoreが組み込まれています。

iPadsは、ほとんどの組織のITインフラストラクチャの共通部分です。しかし、英国政府にとって、Appleタブレットは主流の外にしっかりと存在しています。

G-Cloud iiiに導入された新しいカテゴリには、アイデンティティサービス、サービス統合と管理、ソフトウェアサポート、ビジネスプロセス管理があります。

金曜日に公開されたG-Cloudブログの記事によると、G-Cloud iiiは、G-Cloudフレームワークに費やされる可能性のある金額が100百万ポンドから2億ポンドに増加したことも見ている。

以前のバージョンのG-Cloudと同様に、フレームワークの長さは12ヶ月間続き、購入者が24ヶ月まで契約書に署名する可能性があります。

一方、G-Cloudチームは、入札(ITT)申請プロセスへの招待状を改善し、利用規約を改訂したと主張している。

2012年10月の改訂された契約条件に関する公開討議の結果、データ保護条項の改善によりクラウドコンピューティングの複雑さをより十分に考慮に入れ、 “ブログの投稿によると、

イノベーション、ブラジルと英国の技術革新協定に署名、政府:英国、英国政府全体で使用するためのサービスとしてのブロックチェーン、セキュリティー、これらの数字は、サイバー犯罪が以前考えられていたよりもはるかに大きな脅威であることを示しています。恐ろしいです:あなた自身を守るために何をすべきか

新しいITT提出書類もあります。これには、G-Cloud iiサプライヤーに関するデータがあらかじめ入力されており、変更がほとんどまたはまったくないままサービスを簡単にリストアップできるようになっています。政府は、改善された形で新しいサプライヤーがサービスを追加しやすくすることを望んでいます。

2月21日に入札締め切りが決定され、今年3月末にG-Cloud iiiの枠組み協定が開始される予定です。

既存のG-Cloud IIサプライヤは、2013年10月27日に終了するまで、またはG-Cloudにロールオーバーするまで、2番目のフレームワークに留まるという選択肢が与えられます。iii。

G-Cloud iiiは、昨年5月に発売されたG-Cloud iiの成功を基に、G-Cloudストアのサプライヤー数を10倍から458倍に増やすことを目指しています。最初のG昨年2月に257のGCHQで審査されたサプライヤーと協力して、

ブラジルと英国、技術革新協定に調印

イギリス政府全体での使用が承認されたブロックチェーン

これらの数字は、サイバー犯罪が以前考えられていたよりもはるかに大きな脅威であることを示しています

インターネットの物事のセキュリティは恐ろしいです:あなた自身を守るために何をすべきか