D-Link DCS-1000Wレビュー

有線ネットワークアクセスや長時間のUSBケーブルを必要とせずにどこにでもインストールできるWebカメラを賞賛したことがありますか? D-LinkのDSC-1000Wが答えになるかもしれません。この802.11b対応カメラには、ActiveXサーバーまたはJavaサーバーのいずれかを使用して、どこからでもストリーミングビデオを表示できるWebサーバーが含まれています。

このデバイスは簡単にセットアップでき、PDF形式のマニュアルは詳細で明確です。ユニットの背面には、10 / 100Mbpsイーサネットソケットがあり、組み込みWebサーバーへの初期アクセスを提供します。固定リンクを介して接続し、ローカルネットワークに合わせてカメラのIPアドレスとWi-Fi設定を構成した後、ブラウザで管理できます。 IPアドレスの割り当てにDHCPを使用することも可能ですが、お勧めしません。物理的な設置は、平らな水平面に座っているスタンドを介して行うか、または壁にねじ込むことができます。

画像の設定には、毎秒のフレームの選択(自動設定を使用して最良の結果が得られます)、解像度と圧縮の設定が含まれます。 640×480,320×240、160×120の3種類の解像度が用意されています。また、圧縮の設定は非常に低いものから高いものまで、標準JPEGを使用しています。ゲインとホワイトバランスは自動的に行われますが、イメージコントロールも輝度とコントラストの設定に拡張されています。明るい日差しが最も低い設定で明るさとコントラストをコントロールしてもカメラを圧倒していることがわかりました。このような状況では、D-Linkはアイリスレンズの取り付けを推奨しています。画像の品質は一般的に良好ですが、焦点調整は簡単ですが、手動操作のみです。

最大64人のユーザーを追加して、他のユーザーがストリーミングビデオにアクセスできるようにすることができます。ただし、ここでのより良い解決策は、管理者がそのようなアクセスのために全ユーザー名とパスワードを解放することです。

パッケージに含まれるのは、ブラウザインターフェイスでできるすべての機能を実行できる管理アプリケーションのIPViewですが、設定を変更するとイメージが動的に変更されるため、イメージコントロールが便利です。 IPViewは、複数のカメラを管理する必要がある場合には、画面上で16枚の画像を同時に管理および表示できるので、独自の機能を備えています。

ビデオをインターネットに接続するには、2番目のIPポート(デフォルトは8481ですが設定可能です)を使用します。これは明示的に有効にする必要があります。また、そのトラフィックを通過させるようにファイアウォールを設定する必要があります。

DSC-1000Wの用途は、特に侵入者検知の分野では珍しいものです。しかし、それを最大限に活用するには追加のハードウェアが必要です。カメラの背面には、ブラウザまたはIPViewで制御可能なデジタルインターフェイスがあり、サードパーティのデバイスを追加することができます。これらには、カメラが5Vトリガを提供するモーションディテクタやアラームリレーが含まれます。また、トリガーされたときに写真をメールで送信することもできます。

それは目立つことはほとんどありませんが、DCS-1000Wは家庭や業務用の便利なデバイスですが、警報システムに接続するとそれ以上の機能を発揮します。高い英国価格があなたを傷つけないなら、あなたは他の場所でそのような良質のデバイスを見つけることはできません。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン