元Microsoftの従業員の契約管理スタートアップIcertisが600万ドルを調達

Amazon Web Services(AWS)エコシステム専用のツールを構築しているスタートアップ企業は非常に少数ですが、Microsoft Azureのスタートアップはオールインワンです。

マイクロソフトクラウドの法人契約管理を提供するIcertisは、4月28日火曜日に終了したシリーズAの資金調達ラウンドで600万ドルを調達しました。Greycroft PartnersとFidelity Growth Partners Indiaは、シードラウンドのフォローアップ2012年にIcertisが調達されました。

Icertisは、Greycroft PartnersのMark Terbeek氏が「数十億ドルのカテゴリー」と呼んでいた契約ライフサイクル管理と呼ばれるものを提供しています。

同社のコア製品であるIcertis Contract Management(ICM)は、ユーザーがクラウド内で複数のタイプの契約を管理できるようにします。 ICMユーザーは、テンプレートと提案を管理し、契約を共同作業し、契約分析をレビューできます。

同社のプレスリリースによると、資金調達を継続してコア・オファリングを構築し、販売とマーケティングを拡大する。 Terbeek氏によると、IcertisはMicrosoft、Roche、Hyundai HATA、Chemonics、SunEdisonを顧客基盤とみなしているという。さらに、Icertisは最近、2015年にGartner Cool Vendorとして認定されました。

Icertisは、元マイクロソフトのディレクターSamir Bodasによって率いられています。もともとMicrosoft Azureで設計されていて、そこでホストされていました。 ICMは、Microsoft Officeの統合だけでなく、多数の他のERPやCRMツールも提供しています。

最新の収入要求で明らかになったように、Microsoftのクラウド収入は最近2倍になりましたが、Azureに起因する可能性があるのは不明です。しかし、AzureがAWSとの競争力を保つためには、プラットフォーム用のツールを構築する企業の戦略的買収が不可欠です。

クラウドコンピューティングの成長

マイクロソフトはAzureからどのくらいの量を集めているのか?スタートアップの創業者は技術で最もセクシーな仕事ですか?Microsoftは新しいモバイルクラウド中心のPowerApp

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力