仮想デスクトッププールを事前設定済みのDellのDellチーム

DellとVMwareは、仮想デスクトップをプールするための事前構成された統合インフラストラクチャを使用して、今度はエンタープライズ顧客の新しい仮想化の角度に再び取り組んでいます。

今週のラスベガスで開催されたVMware Partner Exchangeカンファレンスで発表されたこの新しいソリューションは、VMware Horizo​​n View 5.2でVDIワークロード用のDell DVSエンタープライズ – アクティブシステム800と呼ばれています。

それはすでに一口ではないが、ラウンドロックのあらかじめ選択されたサーバ、ストレージ、ネットワーク、シンクライアント、インフラストラクチャ管理ソフトウェアからプラットフォームが構成されているため、特にデルの側からは、多くのものが詰まっている。テキサス州の会社。

新しいシステムは、デルがクラウドとソフトウェアの管理プロバイダーであるゲイル・テクノロジーズ(Gale Technologies)を11月に買収して得たリソースからも得られる。 VMwareのHorizo​​n View 5.2は、基本的にユーザー体験を提供し、パーソナライズされた仮想デスクトップを複数のデバイスに展開します。

VMwareは、vSphereを強化し、Horizo​​n、Workspace ONE製品を更新、Cloud、VMwareの次のプレイ:エンタープライズ向けのすべてのクラウドを管理、データセンター、PunixData、Calm.ioをクラウドの野望を強化する動きで買収、Nvidiaがバーチャル化GPUモニタリング、分析

全体として、インフラストラクチャは、企業がVDIワークロードをより簡単に展開して管理できるように設計されています。

Dellのグローバルマーケティングおよび通信チームのJanet Diaz氏は、このDell-VMwareのコラボレーションが「統合されたインフラストラクチャ内のクラウドアプリケーションやエンタープライズアプリケーションを含む一般的な特定のワークロードとともにVDIを実行できる」とのブログ記事をさらに詳しく説明しました。

Diazは、コンピューティング・ノードあたり最大135人のユーザーをサポートすることを指定して、急速なスケーラビリティ、迅速かつ容易なプロビジョニング、自動化されたストレージ・ロード・バランシング、統合されたデータ保護などのメリットを説明しました。

VMware Horizo​​n Viewを搭載したDell DVSエンタープライズ – アクティブシステム800は、3月に米国で発売され、今夏の世界的な発売が予定されています。

本日の発表には、昨年8月にVMworld 2012で発表された、検証済みのハードウェア構成と垂直方向に最適化された参照アーキテクチャを提供する顧客とチャネルパートナーを提供するために共同製作されたVDIなど、

VMwareがvSphereを強化し、Horizo​​n、Workspace ONE製品を更新

VMwareの次のプレー:企業向けのすべてのクラウドの管理

NutanixはParmixData、Calm.ioを買収し、雲の野望を強化する

NVIDIA、仮想GPU監視、分析を開始