フォードは車でライドシェアするためのGoogle車を作る

Googleの自家用車。

自走車の詳細

GoogleとFordは、自家用車を作るためにチームを組むことを検討しているとされている。

両社は、Googleの自主的な運転技術に依存する自動車を製造する合弁事業を計画していると同計画に精通している筋によれば、Yahoo Auto Newsに語った。

会談が終わると、ヤフーは「両社が自動車共有の新たな事業に向けて大きな踏み出したステップ」と報道した。

Googleは、2020年までに運転手のない車を市場に出そうと考えており、その計画を実現するためにいくつかのメーカーと話し合っている。

検索会社はフォードと会談しているとは確認しないが、オートニュースは自動車メーカーと話していると語った。つまり、Googleの自律的な運転システムに最終的に頼っているメーカーが数多く存在する可能性がある。

パートナーシップは非独占的なものにする予定で、合弁会社は合法的にFordとは別の会社であり、自動車メーカーの責任を盾にしています。

これは、クラッシュやハッキングに巻き込まれた自律型車両の完全な責任を負うとしているボルボにとっては違った指摘だ。

Googleは車作りをはっきりさせるが、メルセデスはドライバーレスのリムジン、Googleの自家用車は11回のクラッシュ、Googleは公道用の自走車の準備、Android Auto搭載の最初の車は到着

Googleとのパートナーシップは、今月明らかにした会社とのFordのドライバーズ・ビークルの野望をキックスタートさせ、来年、カリフォルニア州で完全に自律的なFusionセダンをテストする計画だ。

ブルームバーグは先週、Googleについて自律車部門を独立型事業として分離する計画を発表した。同社はGoogleの親会社アルファベットの下に座り、ライドシェアリング事業のUberとLyftに匹敵するサービスとなるだろう。

フォードとの提携は、企業間の既存の関係を深めるだろう。 9月のGoogle Xは、フォードのエンジニアJohn Krafcikを自動車プロジェクトのCEOに任命した。フォードの元CEOのアラン・ムーリーも昨年、Googleのボードに加わった。

1月にコンシューマーエレクトロニクスショーで新しいビジネスを発表する予定です。

人工知能;?GoogleのDeepMindは、人間と同じように機械を話す主要なマイルストーンを主張している;開発者、GoogleはApigeeを6億2,500万ドルで買収した; CloudはGoogle Docs、Springboard、Mobilityと統合している。

「GoogleのDeepMindは、マシンが人間のように話すことで大きなマイルストーンを主張している

GoogleがApigeeを6億2,500万ドルで買収

BoxはGoogle Docs、Springboardと統合されています

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface