フォーチュン500シリーズ:シスコのあらゆる場所のデジタル

シスコは世界中で知られているブランドです。十分な消費財を持ち、家庭用の名前を持つエンタープライズに焦点を当てた企業であるゴリアート社は、デジタル的に過大な存在感を持っています。シスコのすべての取り組みは、デジタルだけでなく、確かに社会的なものになっています。

シスコが社内外のソーシャルメディア、新しいアイオスの提供、そして積極的な買収戦略を採用していることについて、取締役会長兼CEOのCarlos Dominguez上級副社長と話し合いました。

Cisco Eosは、ソーシャルネットワーキング、コンテンツ管理、サイト管理の機能を1つのバックエンドシステムに統合した統合ソフトウェアプラットフォームで、メディア企業はオンラインオーディエンスのためにカスタマイズしてエクスペリエンスを拡張できます。現時点では、Eosの唯一のパブリック顧客であるWarner Music Groupですが、他のいくつかのメディア企業が試用中です。最初の2つの公的サイトはWarner’s Atlantic Recordsレーベル、Laura IziborとSeal Paulの2人のアーティストの周りに建てられています。

シスコ、コンテナのスタートアップコンテナを購入

リオオリンピックのハイテク遺産

シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する

シスコは、最大14,000人のスタッフを雇用しています。

シスコはコンテナのスタートアップContainerX、イノベーション、リオオリンピックの技術遺産、インターネットの購入、シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する、ネットワーキング、シスコは最大14,000人のスタッフを雇用する:レポート