インテル、Centrinoを落とし、Core i3、i5、i7ブランドの説明

IntelはPCブランドとして「Centrino」を段階的に廃止する予定で、LynnfieldやClarksfieldなどのCoreシリーズプロセッサーのブランディング計画についてより多くの洞察を提供したとしている。

昨日、インテルのウェブサイト上のポストで、スポークスマンBill Calderは、「Centrino」がPCブランドとして段階的に廃止され、「Wi-FiおよびWiMAX製品の名称として使用される」と「モバイルPC来年には「最終的に廃止されるだろう」とカルダー氏は書いた。

さらに、コア・チップ・ブランディングは、「エントリーレベル(Intel Core i3)、中間レベル(Intel Core i5)、および高水準(Intel Core i7)」に簡略化されます。

カルダーは書き込みます

Lynnfield(デスクトップ)などの今後発売されるプロセッサは、Intel Coreブランドを搭載していますが、インテルCore i5またはIntel Core i7の機能セットと機能に依存します。Clarksfield(モバイル)はIntel Core i7の名前を持ちます。

Arrandale(32ナノメートルモバイル)は、最初はCore i3として登場しますが、最終的にCore i5とCore i7も含まれます。 Clarkdale(32ナノメートルデスクトップ)は、Core i3およびIntel Core i5ブランドの下で利用可能になると、Calder氏は書いている。

専門家のBrooke Crothersは、Intelが他のブランドの戦略について詳しく説明したと報告しています

インテルはまた、他のブランドを公開した。ポール氏は、「手頃な価格でエントリーレベルのコンピューティングを行うためのCeleron、基本的なコンピューティングのためのPentium、もちろんネットブックからスマートフォンまでのすべての新しいデバイス向けのIntel Atomプロセッサを持っている」と述べた。 「PCを購入するには、Celeronが優れていること、Pentiumが優れていること、そしてIntel Coreファミリがベストを尽くしていることが良いと考えています」と彼は書いています。

Intel、IntelはMovidiusを買収し、将来のコンピュータビジョン、VRテクノロジー、プロセッサーを開発する; Intelは4K UHDを普及させる第7世代プロセッサーを発売;ストレージ; PC、データセンター、インターネットのための新しい3D NAND SSDを提供;エンタープライズ・テクノロジーの巨人の中では、実用的なイノベーションが引き継ぐ

インテルは、コアデリバティブの「心の躍動的な配列」を単純化することを目指していると、カルダー氏は書いているが、移行には時間がかかるだろうと語った。

カルデル氏は、移行を進めていく中で、来年は複数のブランドが市場に投入されることを認識しています。

インテルはMovidiusを立ち上げ、将来のコンピュータビジョン、VR tech

インテル、4K UHDを大衆に押しつける第7世代プロセッサを発表

Intel、PC、データセンター、インターネットのための新しい3D NAND SSDを提供

企業の大手企業のうち、実用的な技術革新が引き継ぐ